2019年8月30日

食の楽しみを続ける【札幌シニア福祉機構】


8月30日の現任専門職研修は「食の楽しみを続ける~自分で食べる喜びをいつまでも~」
午前の研修科目は、「高齢者の摂食・嚥下機能を学ぶ」
講師は、いきいき長寿アカデミア 代表 新田 敦子 先生です。  
加齢と共に口腔内の状況がどのように変化していくかを学びます。
「ごっくん」となった時の、のど仏の動きを男性の受講者に協力して頂き、観察を行いました。
「なるほど!」と納得のみなさんでした。

午後の研修科目は、「食を楽しむとは?」
講師は、グループホーム福寿荘Ⅱ 管理者 武田 幸 先生です。
終末期の食事の実際からの学びです。今まで見たこともない「おかゆ」を試食しました。
食事形態や環境整備の工夫のヒントをたくさん学びました。

午前・午後を通して、聴覚障害者の方の参加もありました。
手話通訳者のご協力、大変ありがとうございました。